本文へスキップ

新しい視点でフランチャイズを展開するoffice unreve 成果報酬・低コストで事業継承支援

コンテンツを磨く







unreveが提唱する「原点回帰」、
それは「持続性」を持つ継承知であり、
粛々と技術と人格を磨くという、 「職人の精神」です。


今までは成長拡大こそ、 FCを導入する
意味だと言われてましたが、
これからは、所属する我々の 「質」を
向上させる時代ではないでしょうか。


そもそも成長なんて自然派生であり
器に応じて、勝手に広がっていくもの、


それを「いつか」ではなく、
「すぐに」と 思うから、
身の丈を超える行動を 取ってしまうのです



成長し、モノが行き渡った 先進国は、
現在、もれなく経済が停滞しています。


ただ、それは当たり前のことであって、
海外の発展途上に活路を求めても、
そこの経済が成熟すれば、同じ事です。


結局「永続的拡大」なんてものは
そもそも論として間違っているのでしょう。


ただ、これは閉塞感を 煽っているのでは
ありません、


今後、この国は間違いなく、
良い方向に向かっていくと思います。


この国の将来は明るい。
これは言い切っても良いでしょう。


ちょっと調べてみれば、
実にたくさんの「証拠」があります。


下山の思想しかり、 里山資本主義しかり、
自治体のIターンや Uターンフェア、
職人育成の企業も増えています。


去年と比べ、射幸心を煽る セールスサイトも
ずいぶん減りました。


逆を言えば、そんな儲け話には
耳を貸さなくなったのでしょう。


それは国の政策云々ではなく
個々の価値観の転換によるもの、


これが逆なら問題ですが、
草の根である限り、明るくならないわけがありません。


unreveの「日本流FC」は
拡大ではなく規模に応じた ダウンサイジング、
つまり「最適」という考え方です。



そんなローカリズム経営においては、
「身近なお馴染さん」といかに 接していくかが大事であり、


それは短期的な利益を求めず、
生きがいを持って長く働ける
環境の再構築(全体最適)です。


そしてそれは、損得感情や合理的な
理論ではなく「こころ」の部分が
伴わなくては全く意味がありません。


故に、冒頭に書いた「質」を高める
「職人の継承」が求められるのでは ないでしょうか。


一流の職人には不況など関係ないように、
一流の加盟店を育成すれば、SVなどは不要でしょう。


職人という職業は千年の歴史があります。
これだけ続けてこれたのは、丁稚にはじまる
従弟制度が、単な職業教育ではなく、
人格教育であるからです。



それは 古くは老子の「小国寡民」であり、
この国の根幹にある 「神(かむ)ながらの道」に繋がります。


unrveは試行錯誤の末、職人育成制度である
リゾーム派生FCを完成させました。


ご興味のある方はこちらからどうぞ。
ご縁が生まれるのを、楽しみにしてます。



このページの先頭へ