本文へスキップ

新しい視点でフランチャイズを展開するoffice unreve 成果報酬・低コストで事業継承支援

最適化とは









一人の人間が完全に把握できる人数は限られており、
上司でも、教師でも、ひとクラス程度(40人)が限界だと言われます。


そしてその絶対把握数に対し、超過数が増えれば増えるほど、
ネガティブ・フィードバック(負の影響)は強くなるのです。
超過数は組織の制度によって多少は上下しますが、
限界値(ティッピングポイント)自体はさほど変わりません。


つまり今までの「管理」という概念では拡大と衰退は比例してしまうのです。


ゲゼル・ゲマイン(シャフト)関係なく、共同体を形成すれば
必ず価値観の異なる人たちとの共同作業になります。これが
目の届く範囲であれば問題ないでしょうが、数百・数千と
規模が大きくなるにつれ、それを支える風土や文化が重要となってくるのです。


当事務所ではそういった土台を作り出す最初の一歩が
「対話」であると思っています。


それは雑談をするだけで価値観を受け入れる必要のない
会話(ダイアログ)ではなく、かといって価値観を押し付合う
論争(ディベート)でもありません。


異なる意見をすり合わす対話(メタローグ)。
社内外の深いエンゲージメントを求めるなら、この
メタローグ的対話法を始めてみてはいかがでしょうか。








このページの先頭へ